オブジェクティ部

欲しいものは世界中から探す雑貨好きが、街やネットで見つけた発見を紹介するブログ

再生中のレコードがインテリアに変身する縦型レコードプレーヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Pin It
通せるクージー by オブジェクティブー

FLOATING RECORD

再生中のレコードがインテリアに変身する、スピーカー内臓の縦置きレコードプレーヤー「Floating Record」。

はじめて見た時に衝撃を受けた縦型CDプレーヤーを彷彿とさせるような縦置きレコードプレーヤーが斬新です。
省スペースなだけでなく、カラフルなレコード盤自体をインテリアに取り込んでしまおうというアイディア。
本体はメイプルかウォルナットの木製なので、「機械っぽさ」も少なくリビングなどの家具にも馴染みやすいですね。

本体には2インチのフルレンジスピーカーを内臓していますが、背面にはオーディオ端子も装備しているので自宅のオーディオに接続もできます。

Floating Recordは、KICKSTARTERで2015年7月28日まで出資を募集していて、発送目安は2015年12月とのことです。

オブジェクティ部のお気に入りポイント

斬新なプロダクトでありながら、アナログっぽさが残されているのがいいですね。
レコードの回転数を変えるのも、スイッチで切り替えじゃなくてベルトの掛ける位置を変えるあたりがツボでした。
レコードが再燃しつつある流れなので、こんなプレーヤーがリビングにあったら素敵ですね。

Floating Recordの詳細

Floating Recordレコードは中心部にあるクランプで固定するので落ちてくる心配もなし。
機能的なパーツも「見せる」ことが意識されていて綺麗にまとまったデザインです。

Floating Record背面にはオーディオアウトプットも装備。
電源はアメリカだけでなく、全世界で使えるようになっています。

回転数の切り替えレコードの回転数は、2つある溝のどちらにベルトを掛けるかで変更します。
このベルトがモーターの振動をレコードに伝えないような役割もしているそうです。

Floating Recordを買える通販サイト

Images from KICKSTARTER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Pin It