オブジェクティ部

欲しいものは世界中から探す雑貨好きが、街やネットで見つけた発見を紹介するブログ

ハブダイナモで発電して充電用USB端子を追加するヘッドキャップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Pin It
通せるクージー by オブジェクティブー

Sinewave Cycles Reactor

ハブダイナモで発電して充電用USB端子を追加するヘッドキャップ「Sinewave Cycles Reactor」

「Sinewave Cycles Reactor」を装着すると、iPhoneやスマートフォンを充電しながらサイクリングを楽しむことができるようになります。
フロントホイールのハブダイナモに接続するケーブルは、フロントフォークのコラムの中を通す仕組み。
Sinewave Cycles Reactor本体は、通常のステムキャップと同じようにスターファングルナットに固定するみたいです。
本体の高さは10.6mmと装着していても気にならなそうなミニマルな大きさに仕上がっています。
スマートフォンだけでなくUSB機器ならば充電できるようです。

カラーは、上の写真のシルバーの他、ブラック、レッド、ブルーがあります。
サイズは、1″と1/8″ (オーバーサイズ)の2種類。

現在プリオーダーを受付中で、発売は2014年5月の予定とのこと。

オブジェクティ部のお気に入りポイント

ロングライドの時などに便利そうなアイテムだと思いました。
バッグの中に入れて従来型のバッテリーで充電もいいけれど、数日間に渡る自転車旅行なんかでは必ずしも充電できるとは限りませんよね。
これならば自分が走っている限り電源には困りません。

ハンドルにつける防水タイプのiPhoneホルダーなどと組み合わせればバッチリですね。

Sinewave Cycles Reactorの詳細

Sinewave Cycles Revolution発売中のSinewave Cycles Revolutionに使われた技術をSinewave Cycles Reactorに駆使したそうです。
こちらの方は最大で1アンペアの電力を供給できるそうです。
Sinewave Cycles Reactorの方の数値が発表されるのが楽しみですね。

Sinewave Cycles Reactorを買える通販サイト

Images from Sinewave Cycles

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Pin It